平昌オリンピック女子スノーボード5位!竹内智香のプロフィールとは?

Sponsored Link

本日平昌オリンピックの女子スノーボードで竹内智香選手が5位となりました!

惜しくもメダルには届きませんでしたが、素晴らしい活躍をしてくれましたね!

5位となった竹内選手のプロフィールと、好きなお菓子との関係についてご紹介します!

プロフィールとは?

takeuchitomoka

【生年月日】1983年12月21日
【年齢】34歳
【身長】165cm
【職業】アスリート
【所属】広島ガス スキー部

主な成績(2018年)

PS……パラレル回転
PGS……パラレル大回転

 

冬季オリンピック

2018年平昌オリンピック PGS・5位
2014年ソチ五輪 PS・14位 PGS・2位
2010年バンクーバー五輪 PGS・13位
2006年トリノ五輪 PGS・9位
2002年ソルトレイクシティ五輪 PGS・22位

 

世界選手権

2017年シエラネバダ PS・12位 PGS・10位
2015年クライシュベルグ PS・15位 PGS・3位
2013年ストーンハム PS・8位 PGS・7位
2011年ラ・モリナ PS・13位 PGS・20位

引用:pyeongchang2018.com

数多くの大会に出場している経験がある他、前回のソチ五輪ではパラレル大回転で決勝戦に出場し2位と言う結果を残しました!

今回の平昌オリンピックでは5位で終わってしまいましたが、また次の大会でも頑張って欲しいですね!

スケートを始めた年齢は?

竹内選手がスキーを始めたのは2からで、現在のスノーボードを始めたのは12からのようですね。

She first tried skiing at age two and took up snowboarding at age 12.
(翻訳:彼女は最初に2歳でスキーを初めてやって、12歳でスノーボードを始めました。)

引用:www.pyeongchang2018.com

僅か2歳から始めているからか、オリンピックなど大きな大会へも数多く出場しています。

日本スノーボードの頼もしいベテラン選手ではないでしょうか。

ハッピーターンとの約束?

Sponsored Link

竹内選手はお菓子好きでも知られており、とりわけ「ハッピーターン」が好みの様です!

ハッピーターンとは?

happyturn

引用:kamedaseika.co.jp

ハッピーターンは亀田製菓より発売されている洋風せんべいで、1976年より発売しているロングセラー商品です。

ハッピーターンと言えば、あのしょっぱい粉「ハッピーパウダー」が美味しくて、病み付きになっている方も多いのではないでしょうか?

老若男女問わず、幅広い層から愛されている国民的なお菓子の一つだと思います。

ハッピーターンが竹内選手「必勝」のジンクス?

竹内選手はハッピーターンが好きではあるのですが、実は前回のソチ五輪で竹内選手は競技前にハッピーターンを食べていたそうなんです!

「ハッピーターンを食べると良い結果が残せる」というジンクスがここから生まれており、今回の平昌オリンピックでもジンクスに倣ってハッピーターンを食べるのではないかと言われていました。

もし平昌オリンピック優勝すればハッピーターン5年分!?

そんな事があってか、亀田製菓は竹内選手に対して「金メダルを取ればハッピーターンを5年分贈呈する」と発表していました!

ちなみにハッピーターン5年分ってどんな量なのでしょうか?

1日に1袋だとすると、5年間の合計は

365 × 5 = 1825袋

つまり1袋に30枚入っている定番のサイズだと、

1825 × 30 = 54,750個

約5万個ものハッピーターンが送られる計算になります!

1袋120gなので総重量は……

1825 × 120 = 219,000g

キログラムに直すと、なんと219kg! とてもじゃないですが一人では食べ切れなさそうな量ですね!

まとめ

五輪連覇やハッピーターンの願い叶わず、な結果ではありますが竹内選手の活躍は素晴らしいものでした!

また別の選手権やワールドカップなどで成績を残せるようエールを送っていきたいですね!

⇒平昌オリンピックのスケジュールと出場する日本代表選手とは?

スポーツ応援団は日本代表を応援しています!
Sponsored Link

いつもシェアありがとうございます。
FBなどでイイネやシェアして頂くと、日本スポーツの裏話や最新情報をいち早くお届けできます!


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)