プレミア12韓国代表メンバー先発は誰?「キム・ヒョンス」に要注意!

Sponsored Link

プレミア12もいよいよ準決勝です!

一次リーグで、日本が5-0で勝利した韓国代表ですが、再び準決勝で日韓戦が見れることになりました。

韓国代表メンバー先発ピッチャーをぎりぎりまで明かさないようにしている韓国ですが、先発は誰になるんでしょうか?

更に注目選手「キム・ヒョンス」「ヤン・ウィジ」「キム・グァンヒョン」「パク・ビョンホ」選手にも要注意です。

プレミア12韓国代表

関連記事:
プレミア12の誤審動画!韓国対アメリカ戦の審判の名前と詳細

野球の国際大会「プレミア12」

初戦で対決することになった日本代表 対 韓国代表

結果は5-0で日本代表が勝利しました。

 

その後、韓国代表
【グループB】
3勝2敗

対 日本 0-5敗北

対ドミニカ 10-1勝利
対ベネズエラ 13-2勝利
対メキシコ 4-3勝利
対アメリカ 2-3敗北

【準々決勝】
対 キューバ -2勝利

打線がつながり、大量得点で勝利してきているんです!

惜しくも延長10回で負けてしまったアメリカ戦も、誤審疑惑があったりしましたね。
プレミア12の誤審動画!韓国対アメリカ戦の審判の名前と詳細

 

そんな好調打線の韓国代表の注目選手と、まだ明かされていない先発ピッチャーは誰なんでしょうか?

注目選手

プレミア12での韓国代表の注目選手といえば、やはりその強力クリーンナップですね!

キム・ヒョンス

3番バッター

レフト

プレミア12の初戦の日本戦でも、大谷からの初ヒットは、キム・ヒョンス選手でした。

韓国野球界の安打製造機

韓国リーグ通算打率3割1分8厘という打率を残しており、2009年のWBCでは、4割近い打率を残しベストナインにも選ばれている選手です。

プレミア12では、ここまで6試合で8安打9打点の活躍を見せています。

ヤン・ウィジ

2015年韓国リーグ優勝に導いたキャッチャー

正捕手ではないが、キューバ戦からスタメンで出場している選手です。

カン・ミンホが腰痛のため、キューパ戦では出場し、見事なリードを見せ強力キューバ打線を2点で押さえました。

打撃では、キューバ戦3打数3安打2打点の大活躍

5点リードしていた韓国は、5回に2点追い上げられて苦しい展開、8回にソロホームランを放つなど勝負強さも見せました。

イ・デホ

不動の4番バッター

注目選手としてはずせないのが、「イ・デホ」選手ですよね!

イ・デホ選手についてはこちらの記事もご覧ください!

パク・ビョンホ

2年連続50本ホームラン男

来シーズンからはメジャー挑戦する韓国野球界のホームランバッターです!

パク・ビョンホ選手についてはこちらの記事も是非ご覧ください

先発ピッチャー

Sponsored Link

プレミア12の準決勝!

さらには日韓戦

盛り上がらないわけが無い!

そうなるときになるのが、先発投手です。

日本先発:大谷

日本代表小久保監督は、早くも「韓国戦は先発大谷で行く」

そう明言しています。

初戦で対戦したプレミア12では、6回2安打無失点10奪三振

160キロのストレートと147キロのフォークで韓国打線を寄せ付けなかった。

1点の不安

中10日という、少し休みすぎなのではとコンディションが心配です。

しかし!

「僕も一人一人の打者の印象がある。持っているものを出せれば特に変えることはない」

ある程度抑えれば、バッターが打ってくれる」
引用元:www.daily.co.jp

リラックスして、試合に臨んでいく様子です。好調日本打線が良い影響を大谷にも与えているんですね!

 

気になる韓国の先発

イ・デウン

プレミア12韓国代表メンバー先発ピッチャーはイ・デウン投手が先発画像
出典:www.marines.co.jp

私の第一予想と、順当なローテーションでいくと、イ・デウン投手が出てくるのではないかと思われます!

12日のベネズエラ戦で先発し、「中7日」での登板になるのではないか。

日本が5点取られてしまったベネズエラ代表相手に、5回6安打2失点6奪三振

好調ですし、千葉ロッテでプレーしていて、パリーグの選手が多い日本代表打線を知り尽くしているピッチャーが先発のマウンドに立つ可能性が高そうですね。

チャン・ウォンジュン

2015年韓国リーグ優勝チームピッチャー

もう一人の先発の候補としては、キューバ戦で「メジャー級」とのお墨付きをもらった「チャン・ウォンジュン」投手です。

少し厳しいと思われるのが、「中2日」でのマウンドになってしまうので調整が難しいと思われます。

プレミア12では絶好調なんです!

11日に先発したドミニカ戦では、7イニング1失点

16日のキューバ戦では、4回まで無失点(5回に2失点)

 

日本戦での先発は少し厳しいかもしれませんが、一番波に乗っているピッチャーです。

キム・グァンヒョン

そして、日本戦といえば、この人!
韓国ピッチャー「キム・グァンヒョン」の球速と持ち球!日本との対戦成績

日本キラーとも言われている、韓国を代表するピッチャーです。

プレミア12での日本戦に先発して、3回でマウンドを降りることになってしまったのですが・・・

日本代表打線が、打ち崩したというよりは、エラーや三塁ベースに当たったりと、ツキに見放されて2失点してしまったような印象でした。

なので、日本戦に先発ピッチャーとして、再度あがってくる可能性があるんじゃないかと見ています!

まとめ

関連記事:
韓国代表「パク・ビョンホ」はホームラン50本で野球メジャー挑戦?

 

絶対に負けられない日韓戦!

日本代表と韓国代表が準決勝、さらには東京ドームでの激突をする!

かなり注目が集まりそうですよね。先発ピッチャーが発表され次第、更新します。

スポーツ応援団は日本代表を応援しています!
Sponsored Link

いつもシェアありがとうございます。
FBなどでイイネやシェアして頂くと、日本スポーツの裏話や最新情報をいち早くお届けできます!


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)