相撲の輝大士の胸がきれい!輪島との関係と「かがやき」の由来!

Sponsored Link

相撲界に新たなスターが誕生する予感です。

石川出身輝大士は、高田川部屋の中卒たたき上げ力士です。

そして、2016年初場所からついに初入幕します。

ついつい、「胸がきれい」だなと思ってしまう画像もお届けします。

そんな輝の本名輪島との関係四股名かがやき」の由来など

輝大士について、詳しく見ていきたいと思います。

輝大士

大相撲の輝大士は石川出身!輪島との関係画像
出典:www.nikkansports.com

相撲界に新たなスターが誕生する予感

2016年初場所からいよいよ入幕の「かがやき」

身長と体重

その日本人離れした体型は、

身長193cm 体重158kg

1994年平成6年生まれ

どんな人物なのでしょうか?その素顔に迫っていきます。

石川出身

輝大士は、石川県出身

石川県の七尾市出身の力士です。

石川県出身の力士といえば、遠藤も人気ですよね
遠藤の四股名は?清水川ではなく本名の理由は輪島が関係?

遠藤の記事でも触れさせていただきましたが、

石川県出身の大横綱といえば、輪島大士

輪島大士との関係

輝と輪島の関係はどうなっているのでしょうか?

実は、輝大士は輪島の親戚なんです。

親戚といっても、父方の遠い親戚で遠縁のようです

なんだか、大物の予感がしてきませんか??

本名「達 綾哉(たつ りょうや)」

今では、四股名である「かがやき」と呼ばれること多いですが、

本名は、達です。

なので、古くから彼を知っている人は「たつ」などと

ニックネームで呼ぶことが多いです。

ニックネーム

輝のニックネームはいろいろありますが。

「かがやき」という漢字の音読みから「テル」と呼ばれることも多いです。

中卒たたき上げ力士

相撲ファンが輝きに期待する理由

それが、中卒たたき上げ力士

最近でいえば、遠藤もそうですし御嶽海も大学学生相撲からプロに入っています。
御嶽海の髷はいつ?ハーフで母親はフィリピン生まれ?

 

今では少なくなった、中学卒業後に角界に入った輝の歴史を見ていきましょう!

相撲のプロ入り前

幼稚園のころから、これ以上大きくなると着る服がない!

そういわれていた輝大士は、小学1年生から相撲をはじめ

中学1年のときの身長は183cm

2009年中学3年生のときに出場した全国大会で団体と個人で優勝

中学卒業後には、そのまま高田川部屋に入門します。

高田川部屋

中学卒業後に、入門した高田川部屋では新弟子検査前に

三段目力士と同様の実力を見せて話題となります。

三段目ってどれくらいの番付?

しこ、てっぽうの音が違う

そう、高田川親方をうならせるほどの実力を持っての入門でした。

初土俵は2010年3月

それから、8場所で幕下まで駆け上がります、そのとき17歳

入門前からの実力と幕下までの活躍により

達に相撲界の注目が集まりました。

※当時の四股名は「達」

しかし、それから2年達は幕下で苦しみます。

自分は関取になれないんじゃないか

そんな風に苦しんだ達は、2014年11月場所に

ついに十両昇進を決めます。

四股名「かがやき」の由来

十両昇進を決めた輝(当時の名前は達)

四股名を「輝 大士」とします!

その由来はさまざまな説がありますが、

2015年3月に開通する北陸新幹線が出身の金沢まで来ることに因んで「かがやき」

自分の親戚に当たる金沢の大横綱「輪島大士」の名前をもらって「たいし」
※ちなみに、輪島大士の読みは「わじまひろし」です。

元内閣総理大臣で金沢出身の森喜朗さんも

「輝」には期待しているようで、お祝いをあげていました。

 

本当に長い幕下の3年間でした。

本人も3場所連続の負け越しのときは辛かったと語っていましたし、

何より大物ルーキー輝のファンも活躍を期待していただけに

本当に長い幕下生活でした。

 

そして、十両になりテレビで見る機会が増え

意外なところから輝大士が注目されるようになります。

胸の輝

Sponsored Link

輝の胸がきれい!!

輝きの出身地と輪島大士との関係プロフィール画像
出典:www.sumo.or.jp

きれいな胸をしている力士

そんな風に輝に注目しているファンも多いようです。

輝の画像

そんな風に注目されるとしても、やはりファンが増えるのはうれしいことです。

しかし、注目してほしいのが取り組み内容ですよね。

取り組み内容

輝が幕下で苦戦した理由

それが、、、

脇が甘く先手を取られる

大型の力士にありがちな悩みではあるんですが、

脇が甘くて、先手を取られるとそのまま起こされてしまう。

そして、腰が高い!

 

そんな弱点を幕下の激戦の中でなかなか克服できないでいた。

 

それが、2014年11月場所に十両に昇格してからというもの

十両での取り組み結果

2014年11月場所 10-5
2015年1月場所 11-4

幕下での苦戦が輝を粘り強い相撲が取れるように変えたのだ!

その後 3月場所では 2枚目まで上り詰め、いよいよ・・・

と思っていたのだが、そこからまた少しもまれます。

2015年3月場所(2枚目) 6-9
2015年5月場所(4枚目) 8-7
2015年7月場所(2枚目) 6-9
2015年9月場所(5枚目) 10-5

2枚目まで上り詰めて、そこで負け越してしまう。

2回跳ね返されて、2枚目で迎えた2015年11月場所

8-7と勝ち越したんです!

2016年初入幕

2016年1月場所からいよいよ幕内としての輝大士が見れます。

幕下での3年間は決して無駄ではなかった。

そう思わせてくれるいい相撲をとってもらいたいです。

平成6年生まれの21歳の活躍に大注目です!

個人的には御嶽海にもがんばってもらいたいです。
御嶽海の髷はいつ?ハーフで母親はフィリピン生まれ?

まとめ

関連記事:
相撲次期理事長は八角親方と九重親方のどちら?

今回の記事をまとめると・・・

・輝大士の活躍には多くの相撲ファンが注目

・輝の胸はかなりきれいな形をしている

・2016年1月場所から輝を幕内で見れる!!

輝が横綱になる日を見届けましょう!

スポーツ応援団は日本代表を応援しています!
Sponsored Link

いつもシェアありがとうございます。
FBなどでイイネやシェアして頂くと、日本スポーツの裏話や最新情報をいち早くお届けできます!


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)