本郷理華の父母はハーフでスピンが苦手!猫背に見えるけど身長は?

Sponsored Link

女子フィギュアスケートの期待の新星「本郷理華選手」を知っていますか?

本郷理華選手の両親父母は何人なんでしょうか?

ハーフスピンが苦手というのは本当?

身長が高いから猫背に見えるけど、猫背ってフィギュアにとっては有利なのか?

詳しく見て行きましょう!

本郷理華

女子フィギュアスケートの本郷理華の父母はハーフでスピンが苦手画像
出展:allin8.net

浅田真央に新ライバル出現か!?

そんな見出しがつきそうなくらい勢いよく活躍してきている選手がいます!

それが、本郷理華選手です。

1996年9月6日生まれなので、2015年現在19歳です。

宮城県仙台市出身のフィギュアスケート選手です。

女子フィギュアスケート

女子フィギュアスケート選手として、めきめきと頭角を現しだしてきた本郷理か選手ですが、

何と言っても持ち味は、ジャンプの精度です!

 

2014年の全日本選手権では、11回連続でジャンプを成功させた事ともあるんです。

 

本郷理華選手が女子フィギュアのシニアの大会に出場しだしたのは、2014年からです。

2014-2015成績

GPロシア杯

優勝

GPスケートカナダ

5位

GPファイナル

6位

アジアフィギュア杯

優勝

フィンランディア杯

3位

全日本選手権

2位

四大陸選手権

SP3位

すばらしい成績を収めているんです。

2015-2016シーズンも開幕して、2015年10月11日に行われたフィンランド杯でも見事優勝をしました!

勢いに乗っている本郷理華選手ですが、その華やかさを支えているのは、何と言っても身長が高いこと!

身長

166センチ

166センチというと、モデルさん並みの体型ですね!

その高身長と長い手足での演技は、見ている私たちを魅了しますよね。

 

日本人離れしている身長から思うのが、両親は日本人なのか?ハーフなんじゃないの?

両親「父と母」は何人?

Sponsored Link

本郷理華がハーフなのかどうかと思った方も多いと思いますので、調べました。

 

母親は、本郷裕子さんです。

元女子フィギュアスケート全日本選手権に出場したこともある選手です。

 

現在は、コーチと振付師として活躍しています。

 

・・・となると父親が外国人なのでは??

ハーフ

そうなんです!

本郷理華選手のお父さんは、イギリス出身の方です。

 

なので、顔立ちを見ていても分かるように、本郷選手はハーフのフィギュアスケート選手なんです。

猫背

そして、本郷理華選手といえば、気になるのが姿勢です!

本郷選手を遠目から見ていると・・・

あれ??猫背!?

と思ってしまうくらい、姿勢が目立ちませんか?

そのせいなのかどうかは、わかりませんが本郷選手の課題は、スピンなんです!

スピンが苦手

本郷理華選手の演技は、先ほど述べたように、のびのびと長い手足を利用した演技と、すばらしい精度のジャンプなんですが、スピンは苦手のようです。

「スピンが汚い」

といったネット上の意見が出てしまうくらい、現時点だとスピンが少し乱れてしまっているように感じます。

 

猫背とスピンの関係

猫背というのは、体の重心が前のめりになってしまうので、バランスが悪くなります。

 

そんな中で、スピンをすると、どうしても無理して体を支えなければならないので、スピンをしているときにバランスが悪くて、スピンしている姿がきれいに見えなくなってしまうのです。

しかし、本郷理華選手は、まだまだ10代という事もあり、振り付けを含めて改善していけると思うので、今後次のオリンピックの金メダリスト候補として、力をつけていってもらいたいですね!

まとめ

関連記事:

浅田真央の新ライバル出現か!?

そう思わせるほどに、実力をつけてきている10代の女子フィギュアスケート選手が多く出現してきていますね。

今後も日本勢で競い合うことで、次回のオリンピックで女子フィギュアスケートの金メダルがより近づいてくると信じています。

今後も、本郷理華選手を応援していきましょう。

スポーツ応援団は日本代表を応援しています!
Sponsored Link

いつもシェアありがとうございます。
FBなどでイイネやシェアして頂くと、日本スポーツの裏話や最新情報をいち早くお届けできます!


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)