平昌オリンピック銅メダル!女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」とは?

Sponsored Link

先日平昌オリンピックが終わり、日本は過去最多のメダル獲得数を取得しました!

フィギュアスケートやスピードスケート等、様々な競技で多くの選手が感動を与えてくれましたね。

そして、オリンピックの最後に行われたカーリングでは女子が見事3となり銅メダルを獲得しました!

健闘してくれた女子カーリングについて、そして銅メダルのご褒美とメディアによるアイドル化問題について紹介していきます!

チーム「ロコ・ソラーレ」とは?

日本代表として出場したのは北海道の北見市にあるカーリングチーム「ロコ・ソラーレ」で、2010年にチームが結成されています。

主な成績(2018年現在)

2017年

軽井沢国際カーリング選手権大会 1位
パシフィックアジアカーリング選手権 2位
全農日本カーリング選手権 2位

 

2016年

パシフィックアジアカーリング選手権 3位
世界女子カーリング選手権 2位
日本女子カーリング選手権 1位

 

2015年

パシフィックアジアカーリング選手権 1位
日本カーリング選手権大会 2位
NHK杯カーリング選手権大会 3位

 

2014年

ソチ五輪 5位

引用:pyeongchang2018.com
locosolare.jp

ロコ・ソラーレの由来は?

チーム名である「ロコ・ソラーレ」の意味ですが、地元「常呂」と太陽を合わせた造語となっています。

チーム名の「ロコ・ソラーレ」は、「ローカル」と「常呂っ子」から「ロコ」 + イタリア語で太陽を意味する「ソラーレ」に由来します。

地元常呂から太陽のように輝きを持ったチームになるよう、「太陽の常呂っ子」という意味を込めて名付けられました。

引用:locosolare.jp

常呂とは(ところ)と読む北海道の地名で、現在は北見市と合併しています。

この漢字は当て字で、沼のある所を意味するアイヌ語「トーコロー」に由来しているようです。

チームメンバーは?

本橋麻里

motohashimari

【生年月日】1986年6月10日
【年齢】31歳
【身長】160cm
【趣味】自宅でのんびりする、ウォーキング

始めたきっかけ

She was encouraged to take up the sport by coach Yuji Oguri.
(翻訳:彼女は小栗裕司監督に勧められて始めました)

鈴木夕湖

suzukiyumi

【生年月日】1991年12月2日
【年齢】26歳
【身長】146cm
【趣味】雑談
【ポジション】セカンド

吉田夕梨花

yoshidayurika

【生年月日】1993年7月7日
【年齢】24歳
【身長】152cm
【趣味】スポーツ、映画鑑賞、ピアノ、ネイル
【ポジション】リード

始めたきっかけ

She was influenced by her mother.
(翻訳:彼女は母親の影響を受けています。)

吉田知那美

yoshidachiyumi

【生年月日】1991年7月26日
【年齢】26歳
【身長】157cm
【趣味】旅行(一人旅)
【ポジション】サード

始めたきっかけ

She and her sister were influenced by their mother.
(翻訳:彼女と妹は母親の影響を受けています。)

藤澤五月

hujisawasatsuki

【生年月日】1991年5月24日
【年齢】26歳
【身長】156cm
【趣味】アロマセラピー
【ポジション】スキップ

始めたきっかけ

She was influenced by her father.
(翻訳:彼女は父親の影響を受けています。)

引用:pyeongchang2018.com
locosolare.jp

銅メダルで米100俵?

準決勝の前に、全農から銅メダルを取得すれば米100俵を贈ると発表がありました!

米100俵ですが、1俵の量が約60kgです。

それが100個なので……なんと6トン!

何年かかっても食べきれない量ですよね!

ちなみに全農は以前に卓球の石川佳純へ同じく6トン贈呈しています。

輝かしい栄光と「アイドル化」による批判の嵐?

Sponsored Link

今回の女子カーリングですが、光と闇が混在する状況となっています。

日本初となるカーリングで銅メダル!

joshicurling

引用:nikkansports.com

これまで、日本のオリンピックにおけるカーリングの最高記録は2014年ソチ五輪(このチームでしたね)、1998年長野五輪5位が最高記録でした。

今回のオリンピックではそれを越えた3入賞で、日本のカーリング史上最高記録となりました!

メダル取得以外に男子カーリングも出場しており、男女揃ってオリンピックへ出場したのは20年ぶりになるとのことです。

平昌オリンピックを通して、カーリングへの注目が集まっていけば良いですね!

一方で快く思わない人が急増中?

ただ手放しで喜べる状態ではなく、ネットでは「嫌い」「腹が立つ」「憎たらしい」と言った声も目立ってきています。

そこには彼女達の姿勢彼女達を取り巻くメディアに原因があるみたいです。

試合後のマナーが悪かった?

日本女子代表は第1戦のスウェーデン戦で勝利した時に喜びで片付けることを忘れてしまい、スウェーデンに片付けをさせてしまった経緯があります。

試合後には勝ったチームが片付けをすることが通例となっており、この光景を見てマナーの悪さに対する批判が殺到していたとのことです。

この話を聞くと少しスポーツマンシップに欠けていると思ってしまいますよね。

ただ、一番の問題はそこではなく……

女子カーリングチームが『アイドル化』!?

mogumogutime

引用:nikkansports.com

最近メディアでこんな言葉を耳にしませんか?

  • 北海道の方言「そだねー
  • ミーティング時の軽食の風景「もぐもぐタイム
  • マニキュア等選手たちの美容事情

選手達の試合時とは違う裏の顔を見ると親近感を抱きますよね。

彼女達のプライベートな一面をデフォルメして報道されており、それは「アイドル」のようだと指摘する声が多くなっています。

中にはカーリング女子がモテるみたいな記事もあったりしますね。

必要以上にアイドル的な報道がされることがきっかけで、カーリング女子を嫌いになってしまう人が増えてしまっています!

そんな中今回の冬季オリンピックにおいて様々なキーワードが話題となりその中でも「そだねー」という方言は早くも流行語の呼び声も近いわけですが、そんなオリンピック選手を冷ややかな目で見る方も居るようです。ーカーリング女子・嫌い・腹立つ

ー中略ー

とはいえ、テレビ局側も「女子バレーボール」「女子サッカー(なでしこ)」などアスリート女子チームをアイドル化させて視聴を誘うという常套手段は今に始まったことではなく、そのうちの選択肢が一つ増え、じゃあカーリング女子も。というお約束の流れです。

引用:news.nicovideo.jp

ちなみに、彼女達は日本でこのような扱いを受けていることを全く知らなかったと話しています!

吉田夕梨花(24)はブームについて「全く知らなかったです」といい、「もぐもぐタイム」と名付けられていること自体「それも知らなかったです。帰ってきてから『私たちを動物だと思っていたのかな』(と思った)」と明かした。

引用:hochi.co.jp

テレビの視聴率が年々下がっていく中、メディアが視聴率を上げる為に行った戦略なのでしょう。

実際に、女子カーリングの視聴率はかなり良かったとのデータがありますが……このやり方は正直どうなのでしょうか?

激戦を制して日本へ帰ってきたのに、メディアの報道で反感を買った人達から冷ややかな目で見られるのはおかしくないですか?

マナーのこともありますので、彼女達にもまだまだな点はあるかもしれません。

ただメダルを取る為、そして日本の為に精一杯頑張った彼女達のことを、必要ないことにデフォルメして報道するのは間違っていると思います。

この記事を読んだ読者の皆さんはメディアの変な持ち上げ方に惑わされず、日本の為に一生懸命な彼女達の姿を正しく理解しておいて下さいね!

まとめ

ともあれ、日本カーリング史に残る新たな1ページが記されたのは栄誉なことです!

女子カーリング「ロコ・ソラーレ」の皆さん、お疲れ様でした!

また次のオリンピックでは1位や2位を狙って、そして男子カーリングもメダルを手に入れられるように頑張って欲しいですね!

⇒平昌オリンピックのスケジュールと出場する日本代表選手とは?

スポーツ応援団は日本代表を応援しています!
Sponsored Link

いつもシェアありがとうございます。
FBなどでイイネやシェアして頂くと、日本スポーツの裏話や最新情報をいち早くお届けできます!


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)